新時代の駐車場の作り方【ドライテック】


はじめての家づくり。

となると、外構工事やエクステリア工事も初めてでしょう。

 

今回は、検討項目のひとつ「駐車場」エリアについて、新時代の材料ともいえる「ドライテック」を紹介。

紹介というか、おすすめ。

 

家づくりの段階で、何台をどこに駐車するかを決めた後(*1)、そこのエリアを何の材料で覆う?

 

*1 いろいろ考え方があると思うが、通常使用する台数分が良いと考える。もしくは、+1台(砂利駐車場)。

将来の子供の分、来客分など増やしていくと、費用もUPするし、そもそも、将来の予測はあてにならない。

本当の意味で「自動(運転)車」を「シェア」する時代がきて、車の保有もなくなるかもしれない。

「いつ使うかわからない駐車スペースを、癒しや息抜き、家族の思い出のスペースに利用した方が良い」とも感じる。

 

 

 

現状、圧倒的に使用されている材料は、生コン車配送による「生コンクリート」打設。

新しく紹介するのが、生コン車配送による「透水性コンクリート(ドライテック)」打設。

 

このドライテック、いろいろメリットがある。

透水性、色むら、経年的な汚れが少ない、左官技術者不要(技術者不足対策)など。

詳しくは長岡生コンさんHP参照(https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/)。

 

今までは、「安く品質良く」という軸で物の価値を決定してきた時代。

いわゆる大量生産大量消費することでコストと性能が担保されてきた。

 

これからは、環境に配慮という軸も追加され、その重要性も増してきている。

いわゆるSDGs。

 

でも思うところ、社会がそうなってきている~とか、時代が~とか関係ない。

やっぱり、環境については学び、考え、行動していかなきゃと思います。

 

ドライテックをおすすめするのは、その環境性能が良いこと。

 

■特性① 透水性がある。空隙があるので、地面に雨が浸透する。

これって、何を意味するのか。

雨が降る→側溝→河川→海 これが、今までの生コン打設。おおまかに。

雨が降る→地面に染み込む→地下水→河川or海 ドライテック打設。

 

雨が地面に染み込み、染み込んだ水(地下水)の進み方が遅い(コンダクタンスが高い)ので、

急激な雨水量増加時においても、河川増水の速度が遅くなります。この辺、学問として数値データ研究してほしい~。

研究の結果、そんな吸収量ほぼ無視できる量であった、とかあってもよい。

だが、三島近辺だと、一昨年の台風では、河川の支流の方が水が捌けなくて、増水してしまった地域があった。

なんとなくですが、関係していると思うのだが。

 

長くなってしまった。。

いずれにしても、もともとは、土地に吸水していたので、それに近づけるのは良いことだと、直観的に思う次第です。

街の排水容量も少なくでき、人口減社会のインフラ維持費用減にもつながるし。

 

■特性②熱効果

 ヒートアイランド現象といったものがあるように、コンクリートには蓄熱する性質がある。

 ものが熱を持つというのは、物性にも寄るのはもちろんだが、

 マス(質量)があることが大きな要因。

 ペラペラのアルミホイルとアルミの棒でイメージするとわかりやすい。

 ドライテックは空隙があるため質量は小さいかつ、空気に触れる面積は大きい。

 熱が蓄熱しづらく、空気による冷却がされやすいということは構造的に想像できる。

 打ち水の効果(持続性と即応性)も良さそうだ。地球を冷やすラジエーターのようだ。

 

■特性③解体

 今までの生コン土間コンクリは、割れ防止のためワイヤーメッシュや鉄筋を内部に敷設して、

内部応力を分散させる。

 ドライテックはその鉄筋・ワイヤーメッシュは不要。だが強度は確保。

 なので、解体するとき楽。楽→コスト減→エネルギー減

 

 やったことある人わかると思うが、鉄筋入っている、入ってないでだいぶ違う。

 

 

弊社では、施工実績も踏まえて、新時代の素材「ドライテック」をおすすめします。

だけど、良い意見しか書かないと、逆に怪しまれるのも嫌なので、

 

弊社が土間コンとドライテックを両方提案したときに、土間コンを選ばれたお客様のご意見も載せます。

①土間コンの方が実績があるし、親や友人の家も土間コンだったので。

②土間コンの方がきれいにみえる。

③なんとなく。

 

①は徐々にドライテックが広がれば、採用する人増えるかなと。

今、採用される方は俗にいう「アーリーアダプタ」の人が多いですね。

 

②土間コンは生クリームのような生コンを、左官屋が仕上げるので、当初はきれいですね。

 でも、時間が経過すると、水垢により黒ずんできます。

 一方、ドライテックは水を透水するので、水垢がつきにくくきれいに保たれます。

 

 また、生コン土間コンは「色むら」「ヒビ割れ」が発生する可能性があります。

 これは、完全には防げません。防ぎたいのに防げない。そういう素材なのです。

 

 科学的知見や今までの経験による処置をしても発生してしまいます。

 ひび割れは、コンクリ収縮で発生するものは、目地入れなどしますが、年に1回くらい。

 色むらに関しては、業界の知見はほぼなし。

 経験則として編み出しのは、刷毛引き推奨と、

 打設後、4~7日目で黒っぽいところが白っぽくならない場合は、

 デッキブラシの針金版で、刷毛目方向にゴシゴシと圧力をかけながらこする!

 (コンクリ面に傷がつくので、刷毛引き面が必須。)

 これでも、年2回くらいは発生してますかね。

 

 このリスクは図面にも記載し、了解を得ての採用としてます。

 

 リスクと美的主観もあるので、お客様がどう考えるかでよいと思います。

 お客様がどちらを重要とするかで。

 

③なんとなく。→たぶん直観肌の人か、情報を知らなかった人だと思いますので、このブログや

長岡生コンさんのHPを見て、再度ご検討ください。

 

興味がある方、ぜひお問い合わせを!

一緒に環境にちょこっと貢献、いや、地球にやさしくしましょう。